SUMMER GIFT
2022

ヤマニハコーヒー会員登録で特別価格にてご購入できます。
今すぐ、会員登録する>>会員登録はこちら

消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーです。

風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚です。

コーヒー豆の種類や産地、焙煎度合いなどによって、コーヒーの味わいや風味は変化します。 こうしたコーヒー豆の個性をバランス良く組み合わせると、1種類のコーヒー豆だけでは生み出せない、奥深い味わいや複雑なアロマを楽しむことができます。 このように、複数のコーヒー豆を混ぜ合わせたコーヒーをブレンドコーヒーと呼びます。

種類のコーヒー豆からなるものを「ストレート」といいます。 「シングル」と呼ばれることもあります。 ストレートでは、味や香りがはっきりしており、その豆の個性をダイレクトに味わうことができます。 メニューには、「モカ」「ブルーマウンテン」「ブラジル」など、単一の品種名や産地、生産国名で書かれていたりします。

 

ハニー製法(Honey Processing)とは、収穫した完熟コーヒー果実の果肉を除去した後、コーヒーの豆の周りに付いたミューシレージと呼ばれる粘液質を残した状態でゆっくりと乾燥させることで、完熟実のミューシレージの甘味が豆に移り、通常のウォッシュドコーヒーでは得られにくいハチミツを思わせる独特の香りやボディを持つ複雑な香味のコーヒー豆に仕上がります。従来からブラジルのパルプドナチュラル製法で知られたメソッドでしたが近年、精製技術の進歩と共にフレーバーのキャラクターを重要視するマーケットに合わせて中米を中心に急速に広まりました。 乾燥工程が複雑で発酵等のリスクも多い反面、高品質のカップは世界中からオファーが殺到する現在最も注目されている製法のひとつです。

ロスターお薦めコーヒー

ロースト

焙煎

焙煎(ロースト)とは、コーヒーの生豆を炒る加熱作業のことです。収穫・精製された生豆は淡緑色をしており、味も香ばしさもほとんどなく、この状態では飲むことはできません。焙煎が進むと豆は茶褐色、さらに黒褐色へと変化していきます。焙煎によって、豆に含まれる成分が化学変化を起こし、揮発性の素晴らしい香りや、苦味、酸味、甘味といったコーヒー独特の風味が生まれます。

焙煎前の生豆

焙煎時間や熱のかけ方の違いによって、コーヒー豆には浅煎・中煎・深煎といった焙煎の度合いが生じ、コーヒーの風味が大きく変化します。

ヤマニハコーヒーオリジナル焙煎コーヒー

Coffee ラインナップ

当店の焙煎士が丁寧に焙煎したコーヒーです

News

ヤマニハコーヒーブログ

ヤマニハコーヒー(ミモザの木)案内図

Contact

お問い合わせ